ヴィクトリア女王 : 大英帝国の"戦う女王"

君塚直隆 著

植民地を世界各地に築き、「太陽の沈まない帝国」と呼ばれた19世紀イギリス。18歳で即位し、この繁栄期に64年間王位にあったのがヴィクトリアである。後に「君臨すれども統治せず」の確立期と言われ、女王の役割は小さいとされたが、実態は違う。自らの四男五女で欧州各王室と血縁を深めた女王は、独自外交を繰り広げ、しばしば時の政権と対立した。本書は、全盛期の大英帝国で、意思を持って戦い続けた女王の実像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「暗黒の時代」の女王即位
  • 第2章 戦う女王への変貌
  • 第3章 アルバートの死と王室の危機
  • 第4章 女王から「女帝」へ
  • 第5章 二大政党の確執と女王の憂鬱
  • 第6章 大英帝国の女王として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア女王 : 大英帝国の"戦う女王"
著作者等 君塚 直隆
書名ヨミ ヴィクトリア ジョオウ : ダイエイ テイコク ノ タタカウ ジョオウ
書名別名 Vikutoria joou
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2007.10
ページ数 288p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101916-5
NCID BA83496993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想