人生の教科書「情報編集力をつける国語」

藤原和博, 重松清, 橋本治 著

国語は修身ではない。他人の気持ちを理解する読解力、自分の気持ちを伝える表現力、そうしたコミュニケーションツールとしての日本語力=情報編集力を鍛えるのが、国語の役割だ。本書は藤原和博の、そんな信念のもとに作られた実践的教科書。日本語使いの達人、重松清の現代小説指南と橋本治の古典読解で、国語力をアップ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 重松清の『ワニとハブとひょうたん池』で、「表現法」をトレーニングする(自己紹介はドラマチックに
  • 他人の気持ちを知る
  • 比喩を使いこなす ほか)
  • 第2章 重松清の『エイジ』で、「思考法」とトレーニングする(ものごとを立体的に組み立てる
  • "世間"に惑わされない
  • 人間関係を図で表す ほか)
  • 第3章 古典講座 日本語の文章はこうして生まれた!(男の文章と女の文章
  • 「ひらがな」と「カタカナ」
  • 「ふつうの日本語の文章」が登場する鎌倉時代は、日本文化の大転換期 ほか)
  • 第4章 コミュニケーションの「わからなさ」について(乗り換え案内)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生の教科書「情報編集力をつける国語」
著作者等 橋本 治
藤原 和博
重松 清
書名ヨミ ジンセイ ノ キョウカショ ジョウホウ ヘンシュウリョク オ ツケル コクゴ
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.10
ページ数 362p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42371-9
NCID BA83481464
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21355443
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想