日本人にとって英語とは何か : 異文化理解のあり方を問う

大谷泰照 著

幕末から明治のはじめに訪れた異常なまでの英語ブームは、帝国憲法が公布された明治22年頃から急激に衰え、そして大正デモクラシーとともに再燃してゆく。平成の今日まで、幾度となく繰り返されてきた「親英語」と「反英語」との往復運動の歴史から、私たちは何を学び、それをどう活かしていくべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の教育を点検する
  • 第2章 揺れる日本人の言語・文化意識
  • 第3章 日本人の異文化理解の考え方
  • 第4章 日本の英語教育を糺す
  • 第5章 英語教師に問われるもの
  • 第6章 新しい時代の異言語教育を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人にとって英語とは何か : 異文化理解のあり方を問う
著作者等 大谷 泰照
書名ヨミ ニホンジン ニ トッテ エイゴ トワ ナニカ : イブンカ リカイ ノ アリカタ オ トウ
出版元 大修館書店
刊行年月 2007.10
ページ数 289p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-469-24528-8
NCID BA83479429
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21310859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想