上野寛永寺将軍家の葬儀

浦井正明 著

江戸幕府の「聖地」上野。徳川将軍家の菩提寺・東叡山寛永寺とはどのような寺なのか。比叡山延暦寺を手本とした意図とは何か。将軍と東叡山山主の死や葬儀の実態などから、寛永寺と将軍家のしきたりを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芸術の杜-プロローグ
  • 上野の今昔(江戸から明治へ
  • 一四〇年前の上野)
  • 寛永寺の成立(東叡山寛永寺の創建
  • 寺域と寺領)
  • 将軍御成(東叡山御成
  • 警備と跡固)
  • 将軍と輪王寺宮の葬儀(家綱の死と葬儀の準備
  • 家綱の葬儀
  • 綱吉の葬儀
  • 一品親王の死)
  • 明治政府にとっての江戸-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上野寛永寺将軍家の葬儀
著作者等 浦井 正明
書名ヨミ ウエノ カンエイジ ショウグンケ ノ ソウギ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 243
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.11
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05643-4
NCID BA8347374X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21311576
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想