建築について話してみよう

西沢立衛 著

「ウィークエンドハウス」では室内の三つの光庭が外の風景を取り込み、「船橋アパートメント」ではワンルームをスリールーム構成の住戸とし、「森山邸」では大小異なるボリューム10棟を離しながらランダムに集合させた。今注目を浴びる著者初めての単行本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なにか町全体がそういう、非常に獰猛な建築群を放し飼いにしている、一種のサファリパークのような迫力のある都市だった。(ローマの話
  • 新聞の話
  • オランダの話
  • 東京の話)
  • 2 自分が動くと、実物の仕上げのほうは動かないにしても、緑のほうは一緒にゆっくりと移動して、さらに向こうのガラスの映像も動き始める。(ウィークエンドハウスについて
  • 空間の連続性をつくり出したい(聞き手・安田光男)
  • 柔らかい図形
  • 船橋アパートメントのついて)
  • 3森山邸の「透明でバラバラな状態」という建物の原則は、閉鎖的空間に対して提案されたものというよりも、より開放的な社会、地域に向けての提案として考えた。(建物の創造的な原則について
  • 建物の気配をいかに環境化するか)
  • 4 模型と平面図が世界の全体像を決めていたといってもいい。しかし金沢21世紀美術館ではそれを越えて、建物の外まで含まれるような風景を考えるようになっていった。(原則をつくる-構造、平面、関係性、風景
  • 「金沢21世紀美術館」について(妹島和世・西沢立衛)
  • 透明感と都市の風景
  • 明るく透明で柔らかい空間
  • アートによって町を再生する試み十和田市現代美術館をめぐって)
  • 5 日本の住宅というのは基本的に、外観が無いような気がする。無いというと極端だが、なんというか建物の外装デザインが、たいへん希薄だ。(ミースについて
  • モデュロール・マン
  • 中野本町の家
  • シザの建物の魅力のいくつかについて
  • 透明な住宅
  • 空港と都市
  • 歴史がどういう局面でぼくの中に現れるか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築について話してみよう
著作者等 西沢 立衛
書名ヨミ ケンチク ニ ツイテ ハナシテミヨウ
出版元 王国社
刊行年月 2007.9
ページ数 220p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86073-037-6
NCID BA83450846
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21304605
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想