幸田文 : 人と文学

岸睦子 著

幸田文の決定的評伝。「文壇の名家」幸田家に生まれながらも苦闘を重ね、露伴の玄関番をこなし、青木玉を育てた文。その書簡や随筆、小説を詳細に検証し、凛とした気品を内に秘めた不世出の女性作家幸田文の生涯と文学に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 評伝 幸田文(あらしの朝に生まれる-明治三十七年九月一日
  • 父露伴
  • 継母児玉八代
  • 寺島尋常高等小学校時代-明治四十四年〜大正六年
  • 女子学院時代-大正六年〜大正十一年
  • 関東大震災-大正十二年九月一日
  • 弟の死-大正十五年十一月六日
  • 結婚-昭和三年十二月 ほか)
  • 第2章 全集未収録作品「しかられた歌」
  • 第3章 作品案内
  • 幸田文略年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幸田文 : 人と文学
著作者等 岸 睦子
書名ヨミ コウダ アヤ : ヒト ト ブンガク
シリーズ名 日本の作家100人
出版元 勉誠
刊行年月 2007.10
ページ数 279p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-585-05191-6
NCID BA8344723X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21336012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想