国際金融危機の経済学

ジャン・ティロール 著 ; 北村行伸, 谷本和代 訳

[目次]

  • 第1章 新興市場危機と政策対応
  • 第2章 経済学者の観点
  • 第3章 議論の概要および主要点
  • 第4章 閉鎖経済における流動性およびリスク管理
  • 第5章 市場の失敗の識別-債務国は一般の借り手と同じか
  • 第6章 重複代理人および共通代理人設定から導かれる含意
  • 第7章 国際金融制度への含意-IMFの役割とは何か
  • 第8章 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際金融危機の経済学
著作者等 Tirole, Jean
北村 行伸
谷本 和代
ティロール ジャン
書名ヨミ コクサイ キンユウ キキ ノ ケイザイガク
書名別名 Financial crises,liquidity,and the international monetary system

Kokusai kin'yu kiki no keizaigaku
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2007.11
ページ数 189, 28p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-65405-7
NCID BA83444741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21312354
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想