ニシンの近代史 : 北海道漁業と日本資本主義

David L.Howell 著 ; 河西英通, 河西富美子 訳

本書では19世紀の日本における自生的な資本主義の起源として、北海道の漁業と肥料加工業の事例を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 商業化・プロト工業化・資本主義
  • 第2章 不完全な資本主義-場所請負制の盛衰
  • 第3章 資本主義的変化
  • 第4章 資本主義的漁業の開始
  • 第5章 資本主義と窮乏化
  • 第6章 合理的である権利-樺太、1905〜1935
  • 終章 19世紀日本の伝統産業と土着資本主義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニシンの近代史 : 北海道漁業と日本資本主義
著作者等 Howell, David Luke
河西 富美子
河西 英通
Howell David L.
ハウエル デビッド・ルーク
書名ヨミ ニシン ノ キンダイシ : ホッカイドウ ギョギョウ ト ニホン シホン シュギ
書名別名 Capitalism from within
シリーズ名 近代史研究叢書 14
出版元 岩田書院
刊行年月 2007.9
ページ数 266p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-476-1
NCID BA83442917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21372660
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想