富士山と日本人の心性

天野紀代子, 澤登寛聡 編

[目次]

  • 1(富士山に対する縄文人の意識化について
  • 古代人の富士山観-火の山・日の本の鎮め
  • 富士山をめぐる民間伝承
  • 「三国一」の富士の山-日本人の国家意識と富士山とのかかわりを考える端緒として
  • 七代目市川団十郎父子と富士山-「暫」のつらねにみる観客の心性をめぐって
  • 謡曲<富士山>の演能の場と言説-江戸時代幕府儀礼を中心に
  • 時代小説と富士山
  • ビゴーは富士を描かない)
  • 2(富士御法家伝来文書管見祖述
  • 富士信仰と「御大行の巻」
  • 富士の聖地と洞穴-「人穴」と「御胎内」にみる近世庶民の信仰と旅
  • 身禄派師職の継統と江戸十一講の成立-田辺近江家の跡目養子一件をめぐって
  • 富士信仰の展開と秩序形成-天台勢力との接点をめぐって
  • 明治期の不二道孝心講について-皇居御造営御手伝持を事例に)
  • 付(英米の美術史研究者による「富士山研究」
  • フランスの比較文学者による「富士山研究」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 富士山と日本人の心性
著作者等 天野 紀代子
澤登 寛聡
書名ヨミ フジサン ト ニホンジン ノ シンセイ
出版元 岩田書院
刊行年月 2007.10
ページ数 353p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87294-483-9
NCID BA83441164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21373496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想