駕籠

櫻井芳昭 著

前史から衰退までの歴史を辿り、その様式と構造、利用の実態、地域ごとの特色や江戸時代の交通政策との関連、駕篭かきたちの風俗までを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 駕篭の誕生(駕篭前史
  • 駕篭の登場
  • 乗輿制
  • 図絵に見る初期の駕篭通行
  • 江戸での町駕篭の自由化)
  • 第2章 駕篭の種類と担ぐ人(乗り物と駕篭
  • 駕篭のつくりと製作
  • 駕篭を担ぐ人たち)
  • 第3章 街道での駕篭(駕篭継ぎ立て
  • 紀行や版画に見る駕篭
  • 外国人が見た駕篭
  • 特色ある駕篭利用)
  • 第4章 地域での駕篭(江戸の駕篭
  • 上方の駕篭
  • 尾張での駕篭
  • 駕篭にまつわる話)
  • 第5章 駕篭と江戸文明(明治以降の駕篭
  • 交通史における駕篭)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駕籠
著作者等 櫻井 芳昭
書名ヨミ カゴ
書名別名 Kago
シリーズ名 ものと人間の文化史 141
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.10
ページ数 275, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21411-0
NCID BA8343980X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21318325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想