日本のいちばん長い夏

半藤一利 編

玉音放送は軍・将兵への「御言葉」だった!?日本人は終戦をどう受けとめたか。政治や軍部の中枢から前線の将兵や銃後の人々まで、30の視点が語る忘れてはいけないあの戦争。貴重な証言で埋め尽された「後世への贈り物」。当事者30人が昭和38年夏に一堂に会した、前代未聞の「座談昭和史」。司会は半藤一利(当時、33歳)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大座談会 日本のいちばん長い夏
  • 対談 四十四年後の解説
  • 補論 日本終戦史の問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本のいちばん長い夏
著作者等 半藤 一利
書名ヨミ ニホン ノ イチバン ナガイ ナツ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2007.10
ページ数 181p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660594-1
NCID BA83409682
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21313917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想