哲学の始まり : 初期ギリシャ哲学講義

ハンス=ゲオルク・ガダマー 著 ; 箕浦恵了, 國嶋貴美子 訳

「西欧の哲学の始まり」を問い、思索してきたガダマー晩年の講義緑。「有魂の生きた言葉」で語る西欧の思惟の源流。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 始まりの意味
  • 第2講 始まりへの解釈学的な接近
  • 第3講 確実な基盤プラトンとアリストテレス
  • 第4講 生命と魂-『パイドン』
  • 第5講 自然と精神との間の魂
  • 第6講 魂からロゴスへ-『テアイテトス』と『ソピステス』
  • 第7講 アリストテレスにおける学説誌の端緒
  • 第8講 アリストテレスの『自然学』におけるイオニア的思惟
  • 第9講 パルメニデスと死すべき者らの思いら
  • 第10講 パルメニデスと存在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学の始まり : 初期ギリシャ哲学講義
著作者等 Gadamer, Hans-Georg
國嶋 貴美子
箕浦 恵了
Gadamer Hans‐Georg
ガダマー ハンス=ゲオルク
書名ヨミ テツガク ノ ハジマリ : ショキ ギリシャ テツガク コウギ
書名別名 Der Anfang der Philosophie
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 872
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.10
ページ数 194, 6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00872-6
NCID BA83408588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21418868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想