漱石夫妻愛のかたち

松岡陽子マックレイン 著

漱石の夫婦愛、漱石の親子関係、漱石と家族観-死後90年以上たっても読み継がれる文豪の素顔。愛の人・漱石の真の姿。死後九十一年たった今、彼の生きた痕跡を祖母や母たちの思い出話から、孫娘が綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 漱石について聞いたこと、思ったこと(借家住まいの漱石
  • 漱石生前の経済状態
  • おしゃれな漱石 ほか)
  • 第2章 祖母鏡子の思い出(祖母という人
  • 鏡子の戸籍上の名前はキヨ
  • 気前のよかった祖母 ほか)
  • 第3章 母筆子の思い出(母筆子と祖母鏡子
  • 私の人生で一番影響を受けた人は母
  • 母の愛 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漱石夫妻愛のかたち
著作者等 McClain, Yoko Matsuoka
松岡 陽子マックレイン
書名ヨミ ソウセキ フサイ アイ ノ カタチ
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.10
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273170-8
NCID BA83392921
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21310668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想