日本語の構造変化と文法化

青木博史 編

本書は、日本語における「構造」と「変化」という、2つのテーマを柱とする論文集である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 形式名詞の文法化-名詞句としての特性から見る
  • 形式名詞から形式副詞・取り立て詞へ-数量詞遊離構文との関連から
  • 付加節から取り立てへの歴史変化の2つのパターン
  • 例示を表す並列形式の歴史的変化-タリ・ナリをめぐって
  • 第1種副助詞と程度修飾句-程度用法の構文とその形成
  • 程度修飾をする「ほど」句の構造と機能
  • 節の構造変化による接続助詞の形成
  • 中世日本語の因果性接続助詞の消長-ニヨッテの接続助詞化を中心に
  • 近代語における述部の構造変化と文法化
  • モノダ文における述語名詞モノの役割-文末名詞文の構造との関連性
  • 「終止なり」の上代と中古-体系変化と成員

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語の構造変化と文法化
著作者等 青木 博史
書名ヨミ ニホンゴ ノ コウゾウ ヘンカ ト ブンポウカ
書名別名 Nihongo no kozo henka to bunpoka
シリーズ名 ひつじ研究叢書 言語編 第55巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2007.7
ページ数 276p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89476-351-7
NCID BA8335880X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21351489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想