美のみち

瀬戸内寂聴 著

私は若いころから、なぜか旧い道をたどっていくのが好きであった。旧い道にはひっそりと道しるべの石柱が半分土に埋もれながらかしいでいたり、道祖神が道しるべになっていたりする。そんな道をうつむきがちに、自分の影法師だけを相手に歩いていくと、私は遠い昔の女たちが、この道を歩きながら、どれほどの涙をしみこませていっただろうかと、ふとため息がつきあげてきたりするのであった-紀行文学の最高傑作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 初瀬詣で(初瀬詣で
  • 飛鳥路
  • 宇治紀行
  • 尾道・因島文学紀行
  • 丹波立杭)
  • 木曾路の秋(木曾路の秋
  • 木曾の文学寺
  • 花と風鈴
  • モラエス、治郎八
  • 捨聖
  • 清涼寺仏名会
  • 竜神夜話
  • 微笑仏)
  • 古都旅情-近江路(さざなみの志賀の都
  • 冬の湖)
  • 古都旅情-大和路(二月堂お水取り
  • 炎の舞 続・二月堂お水取り
  • 吉野山新緑
  • 中辺路万緑)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美のみち
著作者等 瀬戸内 寂聴
書名ヨミ ビ ノ ミチ
シリーズ名 瀬戸内寂聴紀行文集 / 瀬戸内寂聴 著 5
平凡社ライブラリー 5
出版元 平凡社
刊行年月 2007.10
ページ数 296p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76626-4
NCID BA83326188
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21340000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想