生態と環境

松本忠夫, 長谷川眞理子 共編

動物の生態そして環境に関する先端的調査研究は、そのフィールドが国境を越えた国際的なスケールとなる。本巻では、渡り鳥、鱗食魚、昆虫内部共生微生物、社会性昆虫、腹足類など陸・海・空に生きる動物たちの興味深いふるまいから、彼らの生存戦略を紹介する。生物多様性の素晴らしさを知るとともに、動物と自然環境とのかかわりについて再考するきっかけとなるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 フィールドと、ラボで、そして国境を越えて
  • 1章 鳥の渡りの謎を解く-衛星追跡からわかったこと
  • 2章 タンガニイカ湖の魚類群集と左右性の動態
  • 3章 昆虫と微生物の内部共生-宿主の生理、生態、生殖、進化における重要性とは?
  • 4章 環境要因による節足動物の表現型改変機構-動物における生態発生学とソシオゲノミクスの課題
  • 5章 カタツムリの左右-鏡像進化のパターンとメカニズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生態と環境
著作者等 松本 忠夫
長谷川 真理子
長谷川 眞理子
書名ヨミ セイタイ ト カンキョウ
シリーズ名 シリーズ21世紀の動物科学 / 日本動物学会 監修 ; 浅島誠, 小泉修, 佐藤矩行, 長濱嘉孝 編 11
出版元 培風館
刊行年月 2007.9
ページ数 249p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-563-08291-8
NCID BA83320443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21309257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想