翻訳者はウソをつく!

福光潤 著

迷訳、珍訳、誤訳のウラに深〜いワケあり。古典的名作からスラング、最新IT用語まで、驚きの翻訳ウラ事情。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 翻訳者はワケあってウソをつく(名刺交換-え?スーツ着て翻訳されてるんですか!?
  • 「翻訳する」ってどういうこと? ほか)
  • 1 日本語はなんとなくウソをつく(「天才は〜99%の努力の賜物」…なんてエジソンは言ってない!?
  • アイラブユー…日本人に「愛」は似合わない? ほか)
  • 2 英語は都合よくウソをつく(「白い足袋」が「白い手袋(white gloves)」と訳されたワケ
  • 原爆投下は、たった1語の誤訳が一因になったって? ほか)
  • 3 翻訳タイトルはムチャクチャなウソをつく(「翻訳タイトル」には要注意!?
  • 直訳から意訳、誤訳まで「翻訳型タイトル」 ほか)
  • 4 カタカナ語はしたり顔でウソをつく(日本語表記の3種の神器
  • 外来語はときに混乱を引き起こす? ほか)
  • 5 機械翻訳は永遠にウソをつく(みんな知っている名言「時間蠅は矢を好む」
  • 機械翻訳の未来 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳者はウソをつく!
著作者等 福光 潤
書名ヨミ ホンヤクシャ ワ ウソ オ ツク
シリーズ名 青春新書インテリジェンス
出版元 青春出版社
刊行年月 2007.10
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04184-3
NCID BA83316606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21309145
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想