生命を見る・観る・診る

慶應義塾大学教養研究センター 編

生物学、環境、物理学、心理学、文学、医学などさまざまな立場から、「みる」という行為を多面的に考察。そこから浮かび上がってくる「生命の有りよう」とは。眼で、頭で、身体で捉える「生命」の姿。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • "生きている"を見つめ、"生きる"を考える-生命誌の視点から
  • 踊れば生命が見える
  • 教養の生命学-細胞の情報伝達を見る
  • 動物の見る世界を探る
  • 錯視デザインと生命
  • 「みる」ことの生物学
  • 命のつながりをみる-海と命
  • 卵を回して観ると?
  • 人体観察の記録-近代ヨーロッパおよび日本における解剖図・標本・立体模型
  • 移植医療から診た生命-ギフト・オブ・ライフ
  • 命の臨界を診る-自殺対策プロジェクトについて
  • 生命は見えない?-生と視の英文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命を見る・観る・診る
著作者等 慶應義塾大学教養研究センター
書名ヨミ セイメイ オ ミル ミル ミル
書名別名 Seimei o miru miru miru
シリーズ名 生命の教養学 3
極東証券寄附講座 3
出版元 慶応義塾大学出版会
刊行年月 2007.9
ページ数 281p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7664-1421-9
NCID BA8330579X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21390947
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想