例外状態

ジョルジョ・アガンベン 著 ; 上村忠男, 中村勝己 訳

「世界的内戦」下の現代にあって統治のパラダイムと化した「例外状態」。そのミニチュア・モデルを古代ローマにおけるユースティティウム=「法の停止」に求めつつ、法の空白をめぐるシュミット=ベンヤミンの戦いの意味を批判的に検討する。「ホモ・サケル」シリーズ第3弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 統治のパラダイムとしての例外状態
  • 第2章 法律‐の‐力
  • 第3章 ユースティティウム
  • 第4章 空白をめぐる巨人族の戦い
  • 第5章 祝祭・服喪・アノミー
  • 第6章 権威と権限

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 例外状態
著作者等 Agamben, Giorgio
上村 忠男
中村 勝己
アガンベン ジョルジョ
書名ヨミ レイガイ ジョウタイ
書名別名 Stato di eccezione

Reigai jotai
出版元 未來社
刊行年月 2007.10
ページ数 189, 4p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-624-01175-8
NCID BA83304458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21304693
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想