芸術がいま地球にできること : 平山郁夫対談集

平山郁夫 著 ; 芸術新聞社 編

被爆体験から立ち上がり、文化による平和を旗印に世界を奔走する日本画家・平山郁夫。シルクロード、中国、北朝鮮…と、その行動力は、外交官を顔色なからしめるほど。武力によって世界は平和にはならない。終末的な文明衝突を避けるために、日本が芸術と文化によって、世界に対して未来に向けて何ができるか。著名文化人18人との対論から、行動の芸術家の素顔と思想が明らかになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本画家の道(vs阿川佐和子-戦争中、死を覚悟して絵を残そうと思いました
  • vs渡辺淳一-「八〇パーセントの才と八〇パーセントの努力」が芸術を生む
  • vs村上三島-一本の線にも人間性が出る、だから全人格で描く
  • vs深田祐介-日本画だからシルクロードのソウゲンや砂漠が描ける)
  • 第2章 仏教伝来とシルクロード(vs司馬遼太郎-敦煌で法隆寺の壁画に出会いました
  • vs小宮悦子-地球規模でものを見て、日本のオリジナルを持つ
  • vsドナルド・キーン-仏教文化はアジアあけではありません)
  • 第3章 日本文化の源流(vs梅原猛-日本人は一枚の木の葉に宇宙を観じ、美を感ずる
  • vs加藤周一-東洋が「分母」、日本はその「分子」です
  • vs江崎玲於奈-模倣の世紀に決別しよう
  • vs河合隼雄-砂漠の風景に何を見たかといえば、やはり「日本」でした)
  • 第4章 国際社会と日本(vs宮崎緑-本当の国際交流とはエクスチェンジが必要なんです
  • vs三笠宮崇仁-日本はいつも国際情勢で変わってきた
  • vs小和田恒-新しい国際秩序に向けて日本は何ができるか
  • vs木村尚三郎-自分のことしか考えていない国はつぶれます)
  • 第5章 東アジアの未来(vs余秋雨-文化芸術は、政治を乗り越えることができます
  • vs王毅-まずお互いに行ってみることが第一歩
  • vs王敏-千五百年の歴史を学びあい、心して平和を築こう)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術がいま地球にできること : 平山郁夫対談集
著作者等 平山 郁夫
芸術新聞社
阿川 佐和子
書名ヨミ ゲイジュツ ガ イマ チキュウ ニ デキル コト : ヒラヤマ イクオ タイダンシュウ
出版元 芸術新聞社
刊行年月 2007.9
ページ数 301p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87586-199-7
NCID BA83286436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21391779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想