オリエンタリズムとジェンダー : 「蝶々夫人」の系譜

小川さくえ 著

西欧における日本女性のイメージはいかにして形成されたか-。ロティの『お菊さん』、ロング、ベラスコ、プッチーニの『蝶々夫人』を、サイードが指摘する「再構成と繰り返し」の過程として読み直し、レーヴェン『バタフライ』における自己相対化の手法、ウォン『M・バタフライ』における異性装のパフォーマンスにジェンダーの本質と模倣の構造を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ピエール・ロティ『お菊さん』(一八八七/九三)-幻想に裏切られた西洋人がみた日本女性
  • 第2章 ジョン・ルーサー・ロング『蝶々夫人』(一八九八)-現実からイメージへの変換
  • 第3章 デイヴィド・ベラスコ『蝶々夫人』(一九〇〇)-原作小説はどのように書きかえられたか
  • 第4章 ジャコモ・プッチーニ『蝶々夫人』(一九〇四)-西洋の観察者、東洋の死体
  • 第5章 パウル・レーヴェン『バタフライ』(一九九八)-バタフライはなぜ宿命の女ではないのか
  • 第6章 デイヴィド・ヘンリー・ウォン『M・バタフライ』(一九九八)-パロディによる「美しい物語」の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オリエンタリズムとジェンダー : 「蝶々夫人」の系譜
著作者等 小川 さくえ
書名ヨミ オリエンタリズム ト ジェンダー : チョウチョウ フジン ノ ケイフ
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2007.10
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-67207-1
NCID BA83285353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21319094
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想