説得と治療

ジェローム・D.フランク, ジュリア・B.フランク 著 ; 杉原保史 訳

心理療法の営みは、時代を超えて普遍的なものであると同時に、常に発展している。本書は、これほど多様な心理療法の学派のいずれもが効果的である理由は何なのか、すなわち心理療法が共有する有効成分は何なのかという、心理療法における永遠のテーマを扱った労作である。現代の主要な心理療法のみならず、シャーマニズム、聖地への巡礼、信仰復興運動、カルトによるマインド・コントロール、思想改造、プラシーボ投与など、幅広い範囲の治療的・説得的活動が検討される。著者は、このように大きなスケールで心理療法を捉え、それらに共有される共通の治療要因を探究していく。その上で、心理療法実践への示唆として、治療者は学派にこだわらず、患者のパーソナリティや価値観や期待に合わせて、どのような技法でも用いるべきだと述べている。本書は近年注目を集める「心理療法の統合」を導いてきた重要な著作でもある。本書においては、心理的プロセスと身体的プロセスの相互作用にも相当の注意が払われており、身体疾患に対する心理的な治療についても多くの紙数を割いて考察されている。さらに、心理療法は科学よりもレトリックに近縁のものであるという見方が提示され、その斬新な心理療法観はこの領域に重要な議論を刺激するものとなっている。英語圏で版を重ねる名著の待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現代アメリカにおける心理療法
  • 心理療法についての概念的枠組み
  • 意味の変容としての心理療法
  • 信仰復興運動とカルト
  • 身体的な病に対する宗教的魔術的な治療
  • 心理療法における心と身体
  • 医療と心理療法におけるプラシーボ反応と期待の役割
  • 心理療法家と患者
  • 喚起的個人心理療法
  • 指示的な個人心理療法
  • グループ療法と個人心理療法
  • 統制された環境における心理療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 説得と治療
著作者等 Frank, Jerome David
Frank, Julia
Frank, Julia B
杉原 保史
Frank Jerome D.
Frank Julia B.
フランク ジュリア・B.
フランク ジェローム・D.
書名ヨミ セットク ト チリョウ : シンリ リョウホウ ノ キョウツウ ヨウイン
書名別名 Persuasion & healing. (3rd ed.)

心理療法の共通要因

Settoku to chiryo
出版元 金剛
刊行年月 2007.9
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7724-0991-9
NCID BA8327551X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21296817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想