経済変動の進化理論

リチャード・R.ネルソン, シドニー・G.ウィンター 著 ; 後藤晃, 角南篤, 田中辰雄 訳

技術革新が進み、経済社会の急速な変化によって将来の予測がより難しくなるなか、本書は「進化理論」を基に経済・社会のダイナミックな変動の解明のための理論を構築し、社会科学の新しいプラットフォームを提示している。出版以来、本書の影響は、経済学に留まらず、社会学、政治学、経営学、歴史研究など、社会科学のほぼ全領域、さらには進化理論そのものへと拡がったのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 概観と本書のねらい
  • 第2部 経済進化理論の組織論的基礎
  • 第3部 教科書的経済学の再考
  • 第4部 成長理論
  • 第5部 シュンペーター的競争
  • 第6部 経済厚生と政策
  • 第7部 結語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済変動の進化理論
著作者等 Nelson, Richard R
Nelson, Richard R.
Winter, Sidney G
後藤 晃
田中 辰雄
角南 篤
ウィンター シドニー・G.
ネルソン リチャード・R.
書名ヨミ ケイザイ ヘンドウ ノ シンカ リロン
書名別名 An evolutionary theory of economic change
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2007.10
ページ数 512p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1389-2
NCID BA83266858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21422153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想