福祉ボランティア論

三本松政之, 朝倉美江 編

いまあらためて福祉ボランティアを論じる意味とは何か。さまざまな事例をもとに、人びとのかかわりのなかから生まれてくるボランティアの姿を明らかにする。「つながり」や「公共性」をキーワードとして、現代の多様な福祉ボランティアについて論じた、新しいボランティア論のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 なぜ、いま福祉ボランティアか(福祉ボランティアになるということ-福祉ボランティアの特質
  • 現代の社会福祉とボランティア-福祉ボランティアの実践
  • 福祉ボランティア精神とキリスト教
  • 歴史のなかの福祉ボランティア-福祉ボランティア実践の歩み)
  • 第2部 自由で平等な「つながり」(福祉ボランティアの位置を見定めること-"生きる価値"と"つながり"の称揚によって失われるもの
  • 福祉ボランティア活動が広げる「つながり」-コミュニティにおける「包摂」へ
  • 福祉ボランティアの主役は女性?-福祉ボランティアとジェンダー
  • ボランティア組織をつくろう!-組織化とマネジメント)
  • 第3部 地域と新しい公共性(地域に広がれ!ボランティア-地域福祉の展開と福祉ボランティア
  • なぜボランティアがサービスを提供するの?-福祉サービス供給と福祉ボランティア
  • 福祉ボランティアがつくる地域の自治-福祉ボランティアとコミュニティ再生
  • 福祉ボランティアが社会で起業する?-社会的企業と福祉ボランティア
  • 社会運動と福祉ボランティア)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉ボランティア論
著作者等 三本松 政之
朝倉 美江
書名ヨミ フクシ ボランティア ロン
シリーズ名 有斐閣アルマ basic
出版元 有斐閣
刊行年月 2007.9
ページ数 271p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-12332-8
NCID BA83261297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21305233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想