日本の古典芸能 : 名人に聞く究極の芸

河竹登志夫 著

日本の美の中でも、自らの肉体によって創り出し、身体から身体へと伝えられていく伝統の技芸、古典芸能の世界。これを改めて見直そうという企画でした…登場する10人の名人は、どの方もみな著者が芸と人に惚れ込んでいる上に、それぞれに親しく、何でも打ちとけて話していただけるという、自信がありました。ですから芸の秘密はもちろん、対談の随所に、ふつうには聞けない率直な心の内や、ハッとする言葉や、その人らしいエピソード、屈託のない打ち明け話などが、ちりばめられているはずです。ただの芸談とか説教じみた古老の自慢話などではない、未来をさぐりながら、今現在伝統を生き、創っている生々しい言葉の満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 狂言師・野村万作
  • 能楽師・観世榮夫
  • 文楽人形遣い・吉田文雀
  • 歌舞伎俳優・片岡仁左衛門
  • 歌舞伎俳優・中村芝翫
  • 日本舞踊家・花柳寿南海
  • 雅楽演奏家・東儀俊美
  • 長唄三味線演奏家・杵屋巳太郎
  • 胡弓演奏家・川瀬白秋
  • 文楽太夫・竹本住大夫
  • 古典芸能の流れと特質-付・古典芸能主要年表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の古典芸能 : 名人に聞く究極の芸
著作者等 河竹 登志夫
書名ヨミ ニホン ノ コテン ゲイノウ : メイジン ニ キク キュウキョク ノ ゲイ
出版元 かまくら春秋社
刊行年月 2007.9
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7740-0371-9
NCID BA83260024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21359687
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想