人間改造論 : 生命操作は幸福をもたらすのか?

町田宗鳳, 島薗進 編 ; 鎌田東二, 粟屋剛, 上田紀行, 加藤眞三, 八木久美子 著

驚異的進歩か、人類存亡の危機か。人間改造、遺伝子操作、エンハンスメントなど生命科学の進歩の現状をふまえて、その問題点を指摘し、議論の基礎的視座を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生命倫理の文明論的展望
  • 2 クローンと不老不死
  • 3 エンハンスメントに関する小論-能力不平等はテクノ・エンハンスメントの正当化根拠になるか
  • 4 心のエンハンスメント
  • 5 肥満社会とエンハンスメント願望のもたらす悲劇
  • 6 人口生殖は神の業への介入か-イスラムの視点から
  • 7 先端科学技術による人間の手段化をとどめられるか?-ヒト胚利用の是非をめぐる生命倫理と宗教文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間改造論 : 生命操作は幸福をもたらすのか?
著作者等 上田 紀行
八木 久美子
加藤 眞三
島薗 進
町田 宗鳳
粟屋 剛
鎌田 東二
加藤 眞三
書名ヨミ ニンゲン カイゾウ ロン : セイメイ ソウサ ワ コウフク オ モタラスノカ
出版元 新曜社
刊行年月 2007.9
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1068-5
NCID BA8325850X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21299574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想