図書館の可能性

大串夏身 著

新しい情報の時代が到来して、知識と情報を収集・蓄積・活用する図書館は転換期を迎えている。図書館をめぐるベーシックな知識を押さえながら環境の激変のなかでの「図書館の可能性」を検討し、これからの社会的なあり方も展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 図書館の可能性
  • 第2章 「知識・情報革命」と図書館
  • 第3章 レファレンスサービスと新しい技術-サービスの基礎の構築から課題解決型サービスへ
  • 第4章 大学図書館のあり方に関して
  • 第5章 映像資料と図書館
  • 第6章 読書の重要性と図書館
  • 第7章 図書館の仕事と職員のスキルアップ
  • 第8章 図書館司書として生きるということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図書館の可能性
著作者等 大串 夏身
書名ヨミ トショカン ノ カノウセイ
シリーズ名 図書館の最前線 1
出版元 青弓社
刊行年月 2007.9
ページ数 216p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7872-0035-8
NCID BA83236380
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302075
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想