マルクスの亡霊たち

ジャック・デリダ [著] ; 増田一夫 訳

「一つならずに亡霊化したマルクス」「マルクスに取り憑いた亡霊たち」を前にしての、マルクスの「純化」(=アルチュセール)と「脱政治化」(=単なるテクストとしてのマルクス)。これらに抗し、マルクスの「壊乱的」(ブランショ)テクストの「切迫さ」(=マルクスの厳命)を、テクストのあり方そのものにおいて相続せんとする亡霊的、怪物的著作。シェークスピアの真価(The time is out of joint(時間の蝶番がはずれてしまった))を知りながら結局は亡霊を厄祓いするマルクスの限界にまで踏み込み、「憑在‐錯時性」にこそ、「遺産相続」「出来事・革命・他者の到来」「法を超えた正義」の条件を見出す、マルクス、そしてハイデガーの「存在‐時間」論との全面対決。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マルクスの厳命
  • 2 共謀する=厄祓いする-マルクス主義(を)
  • 3 摩耗(年齢〔時代〕なき世界の描写)
  • 4 革命の名のもとに、二重のバリケード(不純な「不純なる不純な幽霊たちの物語」)
  • 5 現れざるものの出現-現象学的「手品」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルクスの亡霊たち
著作者等 Derrida, Jacques
増田 一夫
デリダ ジャック
書名ヨミ マルクス ノ ボウレイタチ : フサイ ジョウキョウ コッカ モ ノ サギョウ アタラシイ インターナショナル
書名別名 Spectres de Marx

負債状況=国家、喪の作業、新しいインターナショナル
出版元 藤原書店
刊行年月 2007.9
ページ数 438p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-589-8
NCID BA83229760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21304548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想