早朝坐禅 : 凛とした生活のすすめ

山折哲雄 著

現代ほど「人間関係」の重要性が説かれる時代もない。家族、学校、会社、それぞれにおけるコミュニケーションの大切さが謳われる一方、疲れた人やうつ病は増え続け、自殺者は九年連続で三万人を超えている。著者は、疲れたときには「群れ」から離れて「ひとり」になってみよ、という。毎朝、五分坐って、己の心と向き合う。正しい姿勢で、深い呼吸をする。季節の風を胸元に入れながら、歩く。ときには庭にたたずみ、河原で風に吹かれる。ひとり静かに自分自身や自然と向き合うことが、騒々しい人間関係の疲れを取り、豊かな人生を手に入れる最良の方法なのだ。-凛とした生活を送るために大切な身体作法を実践的に説く、山折流・人生指南の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自殺者三万人という異常事態-なぜ、日本人は病んでしまったのか
  • 第1章 早朝坐禅-まず、三分から始めてみる
  • 第2章 散歩の効用-歩くことで、何が見えてくるか
  • 第3章 心が楽になる「身体作法」-正しい姿勢が人生を変える
  • 第4章 うつになる人、ならない人-「親子関係、人間関係」でつまずかない
  • 第5章 夜の作法を身につける-「眠れない人」のための、夜とのつき合い方指南
  • 終章 無常を思って生きる-「死」を穏やかに受け容れるためのレッスン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 早朝坐禅 : 凛とした生活のすすめ
著作者等 山折 哲雄
書名ヨミ ソウチョウ ザゼン : リン ト シタ セイカツ ノ ススメ
シリーズ名 祥伝社新書
出版元 祥伝社
刊行年月 2007.8
ページ数 211p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11076-5
NCID BA83179800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21270518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想