韋駄天夫人

白洲正子 著

「韋駄天お正」の名前を最初につけたのは青山二郎さんである。のちに、「韋駄天マダムっての、書けヨ」口が悪いんで有名な大岡昇平さんにそういわれたことがある。韋駄天とは足の早いこと。私の場合はそれに無秩序、無鉄砲、無制限など、ろくでもない尾鰭がつく-この無鉄砲さこそが、白洲正子の修業であった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 韋駄天夫人(木まもり
  • 一年生の感想
  • 人間の季節
  • 旅情
  • ゴルフの魅力 ほか)
  • 「韋駄天お正」を巡る人々(安田靫彦
  • 鳥海青児
  • 熊谷守一先生を訪ねて
  • 熊谷先生の憶い出-追悼
  • 何者でもない人生-青山二郎 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韋駄天夫人
著作者等 白洲 正子
書名ヨミ イダテン フジン
シリーズ名 平凡社ライブラリー 621
出版元 平凡社
刊行年月 2007.9
ページ数 252p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76621-9
NCID BA83178014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21311549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想