異文化接触から見る市民意識とエスニシティの動態

石井香世子 著

タイでの数次にわたる現地調査から、異文化接触の場としての「エスニック・ツーリズム」がローカル社会の民族間関係に与える影響を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エスニック・ツーリズムと「真正な文化」の語り手:既存研究のまとめ
  • 第2章 政治的概念としての「山地民」
  • 第3章 観光資源としての「山地民」
  • 第4章 イメージ管理者としての国家
  • 第5章 イメージ提唱者としてのミドルマン
  • 第6章 イメージを再生産する「山地民」
  • 第7章 「山地民」イメージを担える人/担えない人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異文化接触から見る市民意識とエスニシティの動態
著作者等 石井 香世子
書名ヨミ イブンカ セッショク カラ ミル シミン イシキ ト エスニシティ ノ ドウタイ
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 24
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2007.9
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1416-5
NCID BA83169261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21391450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想