菅江真澄

菊池勇夫 著

江戸後期の歌人・国学者。三河に生まれ、賀茂真淵の門人・植田義方などに学ぶ。30歳頃から生涯を通じて信越・奥羽・蝦夷地の各地を巡歴。幅広い関心のもと、和歌のほか、日記・地誌・随筆・図絵を大量に残し、当時の北日本の庶民生活を知る上で貴重な資料となった。民俗学の父・柳田国男に「遊歴文人」と称された、その旅に明け暮れた生涯を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 父母の国三河
  • 第2 信越・奥羽の旅
  • 第3 松前・蝦夷地の旅
  • 第4 南部・津軽の旅
  • 第5 出羽路の旅
  • 第6 地誌・随筆への情熱

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 菅江真澄
著作者等 日本歴史学会
菊池 勇夫
書名ヨミ スガエ マスミ
書名別名 Sugae masumi
シリーズ名 人物叢書 : 新装版 / 日本歴史学会 編
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.10
版表示 新装版
ページ数 317p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05241-2
NCID BA83166525
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想