幾何学 : 現代数学から見たユークリッド原論  2

R.ハーツホーン 著 ; 難波誠 訳

本書では、非ユークリッド幾何学(双曲幾何学)を、歴史的な背景から説き起こし、その理論を詳しく展開している。さらに正多面体、半正多面体についても論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第6章 作図問題と体の拡大(三大問題
  • 正十七角形
  • コンパスと標識定規による作図 ほか)
  • 第7章 非ユークリッド幾何学(平行線公準の歴史
  • 中立幾何学
  • アルキメデス的中立幾何学 ほか)
  • 第8章 多面体(五個の正多面体
  • オイラーの定理とコーシーの定理
  • 半正多面体と面正則多面体 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何学 : 現代数学から見たユークリッド原論
著作者等 Hartshorne, Robin
難波 誠
ハーツホーン R.
書名ヨミ キカガク : ゲンダイ スウガク カラ ミタ ユークリッド ゲンロン
書名別名 Geometry
巻冊次 2
出版元 シュプリンガー・ジャパン
刊行年月 2008.2
ページ数 302p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-431-10005-8
NCID BA83161871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21378470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想