さかなはいつまで食べられる : 衰退する日本の水産業の驚愕すべき現状

小松正之 著

[目次]

  • 1 序論 いつまで魚が食べられる
  • 2 乱獲に向かう世界の漁業
  • 3 衰退する日本の水産業
  • 4 魚種の交代と進む乱獲
  • 5 乱獲が急速に進むカツオとマグロ
  • 6 食の安全と海の環境保護
  • 7 乱獲防止の外国の漁業制度
  • 8 魚は誰のもの-国民共有の財産

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さかなはいつまで食べられる : 衰退する日本の水産業の驚愕すべき現状
著作者等 小松 正之
書名ヨミ サカナ ワ イツマデ タベラレル : スイタイスル ニホン ノ スイサンギョウ ノ キョウガクスベキ ゲンジョウ
書名別名 Sakana wa itsumade taberareru
シリーズ名 Tsukubashobo-booklet 38
暮らしのなかの食と農 38
筑波書房ブックレット 38
出版元 筑波書房
刊行年月 2007.8
ページ数 71p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8119-0319-4
NCID BA83153501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21359842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想