善意の仮面 : 聴能主義とろう文化の闘い

ハーラン・レイン 著 ; 長瀬修 訳

ろう者は誰に規定されているか。ろう者の尊厳と手話を否定し、聴者社会への同化を迫る植民地主義に対する、聴者の心理・言語学者による論争の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ろう者の表象:損傷モデルと文化モデル
  • 第2章 ろう者の表象:植民地主義、「聴能主義」、「ろう者の心理学」
  • 第3章 ろう者の表象:権力、政治、依存のデュエット
  • 第4章 言語的偏見とろう者社会
  • 第5章 ろう教育-メインストリーム(主流)とサイドストリーム(傍流)で溺死寸前
  • 第6章 バイリンガル教育とデフパワー
  • 第7章 生-権力対ろう児

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 善意の仮面 : 聴能主義とろう文化の闘い
著作者等 Lane, Harlan L
長瀬 修
Lane Harlan
レイン ハーラン
書名ヨミ ゼンイ ノ カメン : チョウノウ シュギ ト ロウ ブンカ ノ タタカイ
書名別名 The mask of benevolence. (第2版)
出版元 現代書館
刊行年月 2007.9
ページ数 462p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-3469-7
NCID BA83134802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21295874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想