昭和を騒がせた漢字たち : 当用漢字の事件簿

円満字二郎 著

1946年、「当用漢字」が制定された。漢字の使用が制限されたとき、国民の生活には何が起こったのか。「福井県」が「福丼県」だと怒鳴り込む人、彫刻掘りなおし裁判などの事件をたどりつつ、戦後日本の世相を読み直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 八紘一宇をめぐって-プロローグ
  • 新しい時代とともに-一九四〇、五〇年代の漢字事件(『青い山脈』の恋
  • 新聞題字問題
  • 郵政省改名騒動)
  • 変わりゆく社会の中で-一九六〇年代の漢字事件(新宮の命名をめぐって
  • 記号式投票と狭山事件
  • 誤字を理由に解雇できるか)
  • 拡大する自由の行方-一九七〇年代の漢字事件(水俣病患者たちのうらみ
  • たばこ「おおぞら」の物語
  • 「よい子の像」碑文裁判)
  • 自由と平等の相克-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和を騒がせた漢字たち : 当用漢字の事件簿
著作者等 円満字 二郎
書名ヨミ ショウワ オ サワガセタ カンジタチ : トウヨウ カンジ ノ ジケンボ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 241
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2007.10
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05641-0
NCID BA83129314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21297518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想