グローバル化とパラドックス

宮永國子 編

西欧的な「個」の論理をつきつめることにより生じるパラドックスとは何か。グローバル化する21世紀の世界で、より善く生きる方途と、ネットワーク社会への対応の鍵を探る、画期的論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グローバル社会の切り口-身近な兆候
  • 参加型福祉社会/感情労働/感情公共性
  • 「汎優生主義」のリミット
  • 「他者の不在」の不在-再帰化する「分身たちの共同体」
  • 「和」の再構築と人権の再帰的内発化-「選び」の倫理を補完する「合わせ」の倫理
  • 現代に再生する伝統-奄美のシマ社会とシマウタを例に
  • 優位の事実性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化とパラドックス
著作者等 宮永 国子
書名ヨミ グローバルカ ト パラドックス
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2007.9
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1282-4
NCID BA83128763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21305320
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想