プリンに醤油でウニになる : 味覚センサーが解明した仰天の食の謎

都甲潔 著

うま味を発見したのが日本人であるように、私たちは繊細な味覚と嗅覚をもっています。この味覚と嗅覚で感じるテイストを世界で初めて計測したのが著者のすごいところ。味覚センサーが示す"食譜"によって、"おふくろの味"でも何でも再現可能になったのです。嗜好を数値化し視覚化したユニークな先端科学をお楽しみください。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 味って何だ
  • 第2章 味を測る
  • 第3章 味はバーチャル
  • 第4章 においもバーチャル!
  • 第5章 味の不思議に迫る
  • 第6章 味覚センサーの進化
  • 第7章 味覚・嗅覚感性文化
  • 付録 テイストマップ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プリンに醤油でウニになる : 味覚センサーが解明した仰天の食の謎
著作者等 都甲 潔
書名ヨミ プリン ニ ショウユ デ ウニ ニ ナル : ミカク センサー ガ カイメイシタ ギョウテン ノ ショク ノ ナゾ
書名別名 Purin ni shoyu de uni ni naru
シリーズ名 サイエンス・アイ新書 SIS-33
出版元 ソフトバンククリエイティブ
刊行年月 2007.9
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7973-4124-9
NCID BA83118475
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21298515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想