出版と社会

小尾俊人 著

関東大震災により大量の本が消滅したとき、創造力あふれる出版人たちが登場した。ここから、出版戦国時代がはじまる。豊かな編集経験をもとに綴る激動の昭和出版史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出版現象のパラダイム
  • 文化と経済(いとぐち
  • マードック問題
  • ビル・ゲイツの情報支配
  • 「再販」問題
  • 著作物と法律
  • 文化
  • 経済)
  • 関東大震災(大正十二年)がもたらしたこと(文化破壊
  • 講談社・野間清治の創造)
  • 昭和出版史の歩み(改造社-その模索と起業
  • 「円本」-社会現象となる
  • 円本総括
  • 「文庫」の出現
  • 現代日本の起源をさぐる
  • 国家と出版物の検閲
  • 「講座」の出現
  • 「暗い谷間」または「崩れゆく天下泰平」
  • 単行本ベストセラー、レマルク『西部戦線異状なし』
  • 「綜合雑誌」の興亡)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 出版と社会
著作者等 小尾 俊人
書名ヨミ シュッパン ト シャカイ
出版元 幻戯書房
刊行年月 2007.9
ページ数 654p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-901998-28-4
NCID BA83112821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21393376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想