電磁気学のABC : やさしい回路から「場」の考え方まで

福島肇 著

電場と磁場自然界に存在する二つの「場」とは、本当のところどんなものなのか?どうしてそんなものを科学者が考えたのか?電磁気のさまざまな現象を調べながら、電場と磁場を徹底追究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ もっとも簡単なラジオの話
  • 第1章 回路に親しむ-水の流れと電気の流れ
  • 第2章 電場を考える-遠隔力と近接力
  • 第3章 磁場を考える
  • 第4章 電磁気学最大の発見-電磁誘導
  • 第5章 交流のはたらき
  • 第6章 電磁波の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電磁気学のABC : やさしい回路から「場」の考え方まで
著作者等 福島 肇
書名ヨミ デンジキガク ノ ABC : ヤサシイ カイロ カラ バ ノ カンガエカタ マデ
書名別名 Denjikigaku no ABC
シリーズ名 ブルーバックス B-1569
出版元 講談社
刊行年月 2007.9
版表示 新装版.
ページ数 227, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257569-0
NCID BA83106206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21302297
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想