音律と音階の科学 : ドレミ…はどのようにして生まれたか

小方厚 著

ジャズ、ロック、ポップス、クラシック、歌謡曲…あらゆる音楽に使われているドレミ…は、素数2と3を使って、まずピタゴラスが決めた。それから、純正律や、いくつかの音律を経て、現代の平均律へと進化した。音楽と数学の、ちょっと意外で濃密な関係を興味深く解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 楽器にドレミを視る、ドレミに触れる
  • 第2章 ドレミはピタゴラスから始まった
  • 第3章 永久に閉じない環をめぐって
  • 第4章 なぜドレミが好き?
  • 第5章 「起立」「礼」のハーモニー
  • 第6章 民族音楽に理屈を付ければ
  • 第7章 打楽器が作る音律
  • 第8章 音律の冒険

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音律と音階の科学 : ドレミ…はどのようにして生まれたか
著作者等 小方 厚
書名ヨミ オンリツ ト オンカイ ノ カガク : ドレミ ワ ドノヨウニシテ ウマレタカ
書名別名 Onritsu to onkai no kagaku
シリーズ名 ブルーバックス B-1567
出版元 講談社
刊行年月 2007.9
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257567-6
NCID BA83105870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21298477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想