夕張 : あの頃の炭都

安藤文雄 ほか写真

良質の石炭と豊富な埋蔵量で繁栄した夕張炭鉱。最盛期には二〇のヤマが稼働、炭鉱労働者二万人、人口約一二万人で、「炭都」と呼ばれた。エネルギー革命で、ヤマは閉山に追い込まれ、明治期から丁度一〇〇年で採炭はゼロに。炭鉱離職のなかで、メロン、映画祭で再起をはかる、が-。二〇〇七年、夕張市は財政再建団体へ。きびしい再建築に全国から応援の声。思い出したいあの頃の元気-繁華街の賑わい、炭山祭りの活気、雪のなかの炭住と子どもたち、石炭列車の驀進-夕張在住カメラマンのモノクロ写真150点で夕張・青春の記憶を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもの暮らし
  • 2 本町通り
  • 3 炭住と祭り
  • 4 雪の生活
  • 5 ヤマと鉄道
  • 6 炭都盛衰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夕張 : あの頃の炭都
著作者等 安藤 文雄
書名ヨミ ユウバリ : アノ コロ ノ タント
出版元 河出書房新社
刊行年月 2007.8
ページ数 159p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-309-26965-8
NCID BA83104674
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21289587
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想