朝鮮通信使 : 江戸日本の誠信外交

仲尾宏 著

秀吉による文禄・慶長役(壬辰倭乱)の後、国交回復や被虜の送還を目的として、江戸時代初めての朝鮮通信史が来日してから今年で四〇〇年になる。外交関係を担った対馬藩や雨森芳洲、新井白石のこと、旅程と饗宴の実態、文化人の多彩な交流などを描きながら、一二回に及ぶ通信使の今日的意義を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東アジア世界の再編と壬辰倭乱(文禄・慶長役)
  • 第1章 国交回復への道
  • 第2章 「通信使」の登場と徳川大君
  • 第3章 「ご威光」と対等外交のはざまで
  • 第4章 通信使を迎える
  • 第5章 文化交流の諸相-受容と発信のこころみ
  • 終章 多文化共生をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮通信使 : 江戸日本の誠信外交
著作者等 仲尾 宏
書名ヨミ チョウセン ツウシンシ : エド ニホン ノ セイシン ガイコウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2007.9
ページ数 205, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431093-8
NCID BA83095176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21308512
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想