自分のなかに歴史をよむ

阿部謹也 著

かつてヨーロッパでは、どのような生活が営まれていたか。日本人がヨーロッパの歴史を学ぶ意味はどこにあるか。研究を進める上で、どのような着想と、史料操作や文献解読が必要だったのか。「ドイツ騎士修道会」の研究に始まり、ヨーロッパ中世の神秘的で混沌とした社会を豊かに鮮やかに描き出した著者が、学問的来歴をたどることによって提示する「歴史学入門」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 私にとってのヨーロッパ
  • 第2章 はじめてふれた西欧文化
  • 第3章 未来への旅と過去への旅
  • 第4章 うれしさと絶望感の中で
  • 第5章 笛吹き男との出会い
  • 第6章 二つの宇宙
  • 第7章 ヨーロッパ社会の転換点
  • 第8章 人はなぜ人を差別するのか
  • 第9章 二つの昔話の世界
  • 第10章 交響曲の源にある音の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自分のなかに歴史をよむ
著作者等 阿部 謹也
書名ヨミ ジブン ノ ナカ ニ レキシ オ ヨム
書名別名 Jibun no naka ni rekishi o yomu
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2007.9
ページ数 222p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42372-6
NCID BA83085729
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21307701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想