学校は誰のものか : 学習者主権をめざして

戸田忠雄 著

教職員の差別意識、板挟みになる校長、教育委員会の闇…教育現場はなぜ混乱したか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 学校は誰のもの?
  • 第1章 学校というムラ社会
  • 第2章 教師聖職観の呪縛
  • 第3章 校長のガバナンス
  • 第4章 教育委員会の闇
  • 第5章 これが究極の処方箋だ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校は誰のものか : 学習者主権をめざして
著作者等 戸田 忠雄
書名ヨミ ガッコウ ワ ダレ ノ モノ カ : ガクシュウシャ シュケン オ メザシテ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2007.9
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-287909-5
NCID BA83055885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21296832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想