内なる風景へ : 禅の現在型をさぐる

平塚景堂 著

東京芸大の美術学部を出て出家、大徳寺と相国寺で専一に修行しその道を極める。相国寺塔頭養源院に住して絵を描き、作曲もやるという芸術的才覚を発揮する著者による宗教エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 禅と現代音楽
  • イベントとしての宗教
  • 開店休業
  • 環境カプセルの話
  • ファジー世界に注目!
  • 自然について
  • 一系一如考
  • 人間の晩年について
  • 二十世紀の重さ
  • 没我の思想〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内なる風景へ : 禅の現在型をさぐる
著作者等 平塚 景堂
書名ヨミ ウチナル フウケイ エ : ゼン ノ ゲンザイケイ オ サグル
書名別名 Uchinaru fukei e
出版元 禅文化研究所
刊行年月 2007.7
ページ数 327p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88182-226-5
NCID BA83051115
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21361600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想