江戸の歌舞伎スキャンダル

赤坂治績 著

江戸の最先端メディア、歌舞伎。舞台の内外で起きるホットなスキャンダルは、人びとの生きる活力源だった!「絵島生島事件」「八代団十郎自殺」をはじめ、歴代の千両役者たちが織り成す、権力と、カネと、色事の人間模様。そこから浮かび上がる等身大の「江戸市民」の姿とは…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 女歌舞伎の禁止
  • 第2章 若衆歌舞伎の禁止
  • 第3章 勝扇子事件
  • 第4章 絵島生島事件
  • 第5章 二代団十郎の執着
  • 第6章 五代団十郎と四代幸四郎の抗争
  • 第7章 竹本小伝と二人の大立者
  • 第8章 天保の改革
  • 第9章 八代団十郎の自殺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の歌舞伎スキャンダル
著作者等 赤坂 治績
書名ヨミ エド ノ カブキ スキャンダル
シリーズ名 朝日新書
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2007.9
ページ数 289p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273167-8
NCID BA83046997
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21294675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想