人類の足跡10万年全史

スティーヴン・オッペンハイマー 著 ; 仲村明子 訳

現生人類はアフリカで生まれた。一度は絶滅しかかったわれわれの祖先は、やがてアフリカを旅立つ。だがその旅立ちはたった一度しか成功しなかったという。なぜか?そしてアジアへ、オーストラリアへ、ヨーロッパへ、アメリカへ。人類は驚くべき速度で世界各地へ拡がっていった。気候の激変、火山の大噴火、海水面の大変動、さまざまな危機を乗り越えて-一体いかにして、どの道を通って、われわれは今ここにいるのか?その足跡はいかなる形でわれわれに受け継がれているのか?遺伝子に刻まれた人類の壮大な歴史を読み解き、化石記録と気候学からその足どりを追う!人類史の常識を覆す画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 出アフリカ
  • 第2章 現生人類はいつ生まれたのか
  • 第3章 二種類のヨーロッパ人
  • 第4章 アジア、オーストラリアへの最初の一歩
  • 第5章 アジア人の起源を求めて
  • 第6章 大氷結
  • 第7章 だれがアメリカへ渡ったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類の足跡10万年全史
著作者等 Oppenheimer, Stephen
仲村 明子
オッペンハイマー スティーヴン
書名ヨミ ジンルイ ノ ソクセキ 10マンネン ゼンシ
書名別名 Out of Eden
出版元 草思社
刊行年月 2007.9
ページ数 413p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7942-1625-0
NCID BA83044903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想