ニッポン最古巡礼

高田京子, 清澤謙一 著

電柱、ポストに味噌、油、ダムや道路に回転木馬-。美術、骨董的な価値とは無縁だけれど、風塵に耐えて生き残ってきたその来歴に、伝統と外国文化の出逢いと融合、この国の歩んできた道のりが垣間見える。先人たちが知恵と工夫をこらした大小様々の構造物から、道具、食、インフラ、信仰のかたちまで、暮らしに根づいた「最古」に往時の「最先端」をしのぶ。写真でたどるニッポンの小史五〇選。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 暮らしのすがた
  • 2 持ち込まれた近代
  • 3 信仰のかたち
  • 4 娯楽の広がり
  • 5 水を活かす
  • 6 いにしえの味
  • 7 意外な原点
  • 8 インフラの発祥

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポン最古巡礼
著作者等 清澤 謙一
高田 京子
書名ヨミ ニッポン サイコ ジュンレイ
書名別名 Nippon saiko junrei
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2007.9
ページ数 191p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610231-8
NCID BA8302990X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21296830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想