教育3.0誰が教育を再生するのか?

宮川俊彦, 寺脇研 [著]

「ゆとり教育」は、個人主義社会をめざすものだったと、今や「民」の立場となった元ミスター文部省寺脇研氏は、その知られざる真意を語る。教育は国家論として語らなければならない段階にあると、学校と子どもたちの現場を熟知する表現教育者宮川俊彦氏があえて語る。「ゆとり教育」の見直し、教育基本法の改正、学力低下、いじめ自殺、教育格差、家庭崩壊、世界史未履修問題、メディアの学校批判の功罪…教育は、少子化、年金問題とならび、政治の大きな争点となっている。学校に、子どもたちに、そして親たちに、いったい何が起こっているのか?その根底にあるものは?言語としての教育は?教育の未来を語る者が決して避けることのできないすべての論点がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ゆとり教育って、いったい全体、何だったんですか?
  • 財界の沈黙を問う-未履修問題と大学入試
  • 内在律はどうして消えた?-いじめ、自殺、殺人
  • メディアの功罪を問う-言語教育を学校に取り戻せるのか?
  • 家庭崩壊-家庭教育の喪失
  • だれが学校を滅ぼすのか?
  • 何のために、学ぶのか?-ノーブレス・オブリージュとホリエモン的なるもの
  • 教育再生は可能か?-教育は言語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育3.0誰が教育を再生するのか?
著作者等 宮川 俊彦
寺脇 研
書名ヨミ キョウイク 3.0 ダレ ガ キョウイク オ サイセイスルノカ
シリーズ名 ディスカヴァー携書 10
出版元 ディスカヴァー・トゥエンティワン
刊行年月 2007.8
ページ数 183p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-88759-576-7
NCID BA83006799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21291633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想